会社をつくったら、次にやらなければいけないのは、売上をあげることです。
今でこそ、積極的に営業しなくても、ご依頼が来るようになりましたが、そうなるまでは、営業経験がまったくなかったので、本当に苦労しました。
仕事がなくて赤字が続き、幸い資金があったおかげで生活はできましたが、口座のお金がどんどん減っていくのは恐怖でした。(口座のお金がどんどん減っていったのは、売上そのものがないのと、売上はあるけれどお支払いがなかった2パターンありますが、後者はまたの機会にお話します)

売上をあげるために実際にやって効果があったこと、効果がなかったこと、やらなかったけどやればよかったことの3つに分けてみました。

やってよかったこと

まずは、実際にやってみて、効果のあったことを挙げてみます。

友人知人に告知

「起業したよ!ホームページ作ったりシステム開発したりできるよ!」と周りに告知をすると、友人知人からご依頼がありました。ありがたいですね!

ただし、しつこく営業すると友達をなくすので気をつけましょう。笑

同業者とのつながりを増やす

同業者はライバルではなく、助け合える味方です。

受注には波があります。受注が集中すると、さばききれなくなります。
そんな時、同業者にかわりに作業してもらうことは、よくあります。

起業当時は「下請けなんて!」と思っていたのですが、食わず嫌いでしたね。
同業者さんからのご発注は、今でもかなりの割合を占めています。

勉強会に参加

勉強会は、懇親会があって参加者同士交流できる場合があります。
知識も得られて仲間もできるので、どんどん参加をおすすめします!

以前、企画と設計に携わったエンジニア向け勉強会サービスです。ぜひ使ってみてください!
http://eventdots.jp/

常駐の案件もお引き受けする

案件には、受託と常駐とあります。
受託は、契約としては「請負契約」という契約で、納品物に対し、お金が支払われます。このホームページを納品していくら、という契約です。作業場所は自由なので、在宅でも出来ます。
常駐は、「準委任契約」という契約で、労働力に対しお金が支払われます。一ヶ月仕事していくら、という契約です。お客さまのオフィスにお伺いして作業することが多いです。

起業当時は、「常駐は絶対しない」と思っていました。
ですが、常駐は、ほとんどの場合数ヶ月単位なので、収入としては安定します。受託案件は納品したら終わりで、次の案件を受注しないといけないので、新規営業ができないと収入が安定しません。
食わず嫌いをやめて、たまたまお誘いいただいた常駐の案件をいくつかやってみました。

受託はお客さまのご担当者としか接点がありませんが、常駐は、お客さまのオフィスにいるので、お客さまの社員の方々と仲良くなれます。
過去に常駐したお客さまの社員の方々とは、今でも仲良くさせていただいていますし、その方々が転職して、転職した会社でお仕事を依頼してくださったり、良いご縁をいただきました。

効果のなかったこと

次に、実際にやったけど、効果の出なかったことを挙げてみます。

異業種交流会に参加

いろいろな会に参加してみましたが、異業種交流会で良いご縁を得たことはほとんどありませんでした。
異業種交流会は人脈を作りに来ている人が多いのですが、人脈を欲しがっている方に素敵な方はほとんどいらっしゃいません。素敵な方には、自然と人が引き寄せられて集まってきますから、異業種交流会に行く必要がないんですよね。
異業種交流会に参加するよりは、同業種の勉強会に行って、懇親会に参加したほうがずっと有意義です。

無料・成果報酬

初期費用無料で、成果報酬で、ECサイトの制作を行っていました。
ECサイトからの売上から報酬をいただく方式です。
引き合いそのものは多かったのですが、売上にはあまりつながりませんでした。

「無料」に引き寄せられてくるお客さまは、そもそもお金を持っていません。
ECサイトの集客には、GoogleやYahooに払う広告費が必要です。
そのお金をかけられないので、ECサイトからの売上もほとんど上がらない、というケースが多く、すぐにやめました。

やればよかったと思うこと

最後に、実際にやらなかったけれど、やればよかったと思うことをあげてみます。

新規営業

新規営業の経験がまったくなくて、何をしたらいいのかまったくわからなかったのですが、起業4年目にたまたま参画したプロジェクトで、営業を経験させていただく機会がありました。
実際にやってみると、営業も、一歩一歩を積み上げていく、登山のようなものでした。ケーブルカーはありません。
そして、アポが取れたり契約が取れると、すごく楽しい!

もっと早く営業のやり方を知っていれば、あの辛い時代を経験しなくてすんだのに!と思います。

良い起業セミナーに参加

起業塾や起業セミナーというものに参加して、もう少しちゃんといろいろなことを学んでおけば、回り道しなくてすんだかもしれないな、と今になって思います。
あと、起業セミナーにはこれから起業する人が集まるので、もしかしたらホームページ制作のご依頼をいただけたかも?
無料の起業セミナーには、参加したことがあるのですが、あまり得るものがなかった気がします。ちなみに、設立編で書いた、税理士さんに窘められたグレーな節税方法は、ここで学びました。笑

道なき道を進む

試行錯誤をしながら手探りで進んだので、会社を軌道に乗せるまで数年かかってしまいました。
山登りをするのに、ケーブルカーどころか、道すらない状態でしたね。笑
進むべき道がわかっていれば、もっと早く会社を軌道に乗せられたのにな、と思います。
私の役目は、あとから来る方に道案内をすることなのかもしれません。そのための経験だったのかもしれませんね。

なので、営業塾や起業塾をやろうと思います!

The following two tabs change content below.

柳田亜沙美

GeekGirlLabo代表。文系出身エンジニア。 プログラミングをはじめて15年、会社を設立して9年目になります。 システム開発講座やプログラミング講座の講師、アプリ開発やWebシステム開発のお仕事をしています。 酒と肉の日々。ずっと夜型だった生活を朝型に変えたら、人生が捗りました。

最新記事 by 柳田亜沙美 (全て見る)