2016年は、GeekGirlLaboにとって大きな意味のある年だったように思います。

GeekGirlLaboの立ち上げ自体は、2011年でした。
ただ、事業としては受託とSES(常駐案件)の売上が大きく、また、私自身にマーケティングの知識がまったくなかったため、GeekGirlLaboを世に広めていくということが何もできずにいました。

2016年、良いマーケターさんと出会い、その方が親身にサポートしてくださったのと、2020年に小学校でプログラミング教育が必修となることになり、世間的にも「プログラミング教育」そのものに対する興味が湧いたようで、GeekGirlLaboが一気に伸びました。

初の全国紙デビュー!

img_3788

 

また、今年は、生徒さんにたくさんお会いした一年でもありました。

1757100_2239924574_211large

オンラインでやりとりしているとなかなかお伺いできないお話なども、直接お話してみるとお伺いできたりするんですよね。
中でも、沙織さんの、離婚からの受講の流れは、衝撃的でした。
詳しくはこちら↓

シングルマザーの、人生を賭けた再スタート!


沙織さんのお話を聞いて、より真剣にひとりひとりと向き合っていこう、という想いを強く抱くようになりました。
人に使命というものがあるのだとすれば、私の使命は、女性にプログラミングを教えて、活躍の場に繋げることなのだろうと思っています。
そう思えた2016年は、とても意味のある年でした。

2017年は、卒業生に就職先のご紹介ができるようにしていこうと考えています。
就職先のご紹介をするには国の認可が必要なのですが、年内に申請だけでも終わらせたかったのですが、残念ながら終わらず…。
来年はメンバーも増やしたい!

2017年もどうぞよろしくお願いします☆

The following two tabs change content below.

柳田亜沙美

GeekGirlLabo代表。文系出身エンジニア。 プログラミングをはじめて15年、会社を設立して9年目になります。 システム開発講座やプログラミング講座の講師、アプリ開発やWebシステム開発のお仕事をしています。 酒と肉の日々。ずっと夜型だった生活を朝型に変えたら、人生が捗りました。

最新記事 by 柳田亜沙美 (全て見る)